調剤薬局で働く


薬剤師の資格があれば、活躍できる職場はたくさんあります。調剤薬局もその中の一つです。調剤薬局は、求人数も多く、実際に働いている薬剤師の数も多いと言われています。また、大規模な薬局とあまり大きくはない薬局とがありますが、どちらで働く場合もそれぞれメリットがあります。大規模な調剤薬局で働く場合、より高い教育を受けることができると言った良さがあります。

また、礼儀作法などがしっかりと学べるようなところも魅力の一つかもしれません。もちろん、長く働き続けて行けば、いわゆる出世も期待することができるでしょう。

規模があまり大きくはない調剤薬局で働くメリットは、大きな転勤がないことです。実家から通い続けたい方や、長くその土地で暮らして行きたい方などは、こういった調剤薬局で働くのも良いかもしれません。また、意外に思うかもしれませんが、大きくはない調剤薬局で働く場合、都市部よりも地方で働く方が待遇が良いことが少なくありません。

転職するのであれば、思い切って都市部を離れ地方で再出発するのも良いかもしれません。その場合は、交通手段についても検討しておくことをおすすめします。場合によっては、マイカー通勤が必要になることもあります。