薬剤師の職場について


多くの薬剤師が働いているのが調剤薬局ですが、もちろんこの他にも薬剤師が働ける職場はたくさんあります。一つは、病院や診療所などです。病院などで働くメリットは、今まで大学で学んできた多くの知識を活かしながら働けることも挙げられます。

また、ドクターやナースなどと一緒にチームで患者さんの治療に向き合えるところもやりがいが感じられる素晴らしいポイントでしょう。デメリットとしては、夜勤がある職場もあることです。また、収入面を見た場合、調剤薬局で働いた場合よりも安い傾向が見られます。

他にも、ドラッグストアで働くこともできます。ドラッグストアで働くメリットは、薬剤師としての仕事はもちろん、運営や店舗管理などのスキルも身につけることができることです。また、お客様と接することも多いですから、コミュニケーション能力が上がるといった良さもあります。しかしながら反対に言えば、ドラッグストアで働く場合は、お客様との接することも多いので、そういったマナーや能力も不可欠であるということです。

他にも、行政機関で働くこともできますし、製薬会社で働く道もあります。製薬会社では、開発や研究、製造など多岐に亘ります。また、MRとして働く道もあります。